意外だったパーソナルカラー
a0025910_0474783.jpgここ最近は何もかもが面倒で、前にも増して部屋はちらかりっぱなしだし、身なりのことにもとんと気を使わなくなってきてしまったので、ここらでちょっと意識的に自分を改善せねば危険だと感じ、『すとっぷ・ざ・ぐぅ~たら!』という自分へのキャンペーンをちょっと計画。その一環としてパーソナルカラーをば受けてまいりました。数年前から興味があったのだけど、やっと実行できたわけです。年々太って服もサイズが合わなくなってきて、洋服を買わなければならないので、その参考にもなればと。

パーソナルカラーは春・夏・秋・冬の4種類に区分されるそうです。自分の肌がどれに属するのかを調べるってことですね。自然光の元で色を見たほうがいいというので、なるべくお昼頃がいいようですよ。
まず、左右の腕の内側に3色ずつファンデーションが塗られました。計6色。それで私の肌の色みをみているようです。
ファンデーションを乾かしている間に自分の色の好みやクローゼットにある服の色、人に色などでどういわれるか等の質問をうけます。
次に数種類の色をみせられて、好みの色を応えます。私はすべて見事に『夏』の色を選んじゃいました。淡いパステルカラーばかり。夏だから涼しげな色がよかったのかもなぁ。秋・冬だったらくすんだ色を選んだかも。。。
その後は鏡の前で上半身に赤の布(紙)をあてていきます。この赤も鮮やかな赤、くすんだ赤というふうに4種類あります。他に、黄色、緑、ピンク、オレンジ、青、紫なども4種類ずつ用意されていまして、これをあてることで、顔の色の変化をみてるんです。
びっくりしたことに、私は一番敬遠していた原色系の鮮やかな色が一番色も白く、顔もひきしまってみえるんですよ。なんか、顔の筋肉が上がったように見える!他の色だと、肌の色がくすんだり、青くみえたり。白にしても、青みがかった白よりもオフホワイトの方が顔に赤みがさすんです。もっと黄が多くなって淡いクリームになると更に顔が赤く見えたり。不思議でした。パーソナルカラーは私は『春』とのこと。
その後は気質を調べます。気質にも春・夏・秋・冬とわけられるんですって。簡単な質問が書かれた紙に該当するものにチェックを入れます。私の気質は『夏』でした。だから夏の色ばっかり選んだのかもしれませんね。
その後、私にあった色のメイクもほどこしてくださいました。私が今までつかっていた口紅はまったく逆の色だって。「ふけて見えてましたよ。損してましたねー。」って。自分にはつけられないと思っていたベージュ形の口紅が使えることも知り、良かったですわ。
その後アドバイスを頂くと、ターコイズやガーベラレッドなど綺麗な色を着るようにとのこと。黒はやめてくださいって。思わず「え゙っ!」て横に置いてあるバッグをみちゃいました。思いっきり黒です。だいたい、その日のいでたちはトップスは黒のカットソーにオフホワイトのキュロット。黒のバッグ、ベルト、ミュールだったんですよ。オフホワイトのキュロットはOKだけど、他はNGだったわけで(汗) 黒みの多い色はだめらしい・・・。この間買った服も黒なのにな・・・(涙)
約3時間の診断を受け、その足でデパートへ。自分にあった色の口紅とアイシャドーを購入しましたわよ。出費だわ~~。持っていたファンデーションの色はOKだったのでセーフ(ホッ)
まぁ、色が褪せるかサイズがあわなくなるまでは自分の色じゃない手持ちの服も着続けますが、購入するのはカラーファン持参してでも自分をイキイキとみせてくれる色にいたしますです。
[PR]
by pocoli | 2006-07-11 10:52 | おでかけ
<< インド式エステのお試しに行って... 「ルオーとローランサン展」へ >>